計画停電に備えてサラダオイルランプを作ろう

計画停電に備えてサラダオイルランプを作ろう

さきの東日本大震災による原発事故で、今夏の計画停電は必至の状態です。いざというときのために、身近な材料で作れるランプがあるんです。

サイトトップ > ほんの2、3分あれば、誰にでも作れるサラダオイルランプ

スポンサードリンク

計画停電に備えてサラダオイルランプを作ろう

ほんの2、3分あれば、誰にでも作れるサラダオイルランプ


サラダオイルランプは身近な食材を利用してすぐにできる、たいへんすぐれたアイデアのランプです。計画停電のためだけではなく、非常時に備えてぜひ作り方を覚えておきましょう。


必要な材料は、サラダオイル(食用油ならなんでもOK)・ティッシュペーパー・アルミホイル・ガラスコップの4つだけ。すべて、どんな家庭にもある日用品ばかりです。使用するサラダオイルの量は3時間で5g程度、つまり少量で長時間灯しつづけられるのが特徴&利点なんです。


また“安全に使用できる”点も大きな特徴ですね。食用油の発火点は、360℃といわれています。しかし、後述する仕組みをみればわかるように、油の温度は常温ですから、万が一コップが倒れても油に火がつくことはありません。ただ、アルミホイルごとコップから飛びださないようコップにアルミホイルをしっかり留めておくことがたいせつです。


停電になってからサラダオイルランプを作るのではなく、ふだんから用意しておきましょう。ジャムやピクルスの瓶などフタつき瓶を利用してセットしておくと、サラダオイルがこぼれる心配もなくいつでも使用できます。ほんの2、3分あれば誰にでも簡単に作れますから、ぜひ試してみてください。


計画停電に備えてサラダオイルランプを作ろう